日本の次期戦闘機開発、ロッキードが技術支援へ 海外の反応

次期戦闘機開発、ロッキードが支援 主導は三菱重
政府が2035年の配備をめざす次期戦闘機の開発体制の大枠が固まった。三菱重工業を開発主体として、米防衛大手でF35などの開発実績をもつロッキード・マーチンが技術支援する。日米企業が協力して開発し、自衛隊と米軍が一体運用する最新鋭機となる

(海外の反応をまとめました)






■ 前回これをやった時、三菱F-2ができて、素晴らしい機体だけど、予算的には災難で少ない生産に終わってしまった。



■ どんなものができるにせよ、超高価で壊れやすいものになるでしょう。



■ 30年代中盤か。トルコがステルス戦闘機を一から始めて2年で作れるって言った時笑ったんだ。



■ 中国がレアアース売ってくれなくなるよ。ロッキードの破産も近い。



■ いい動きしてるね、日本。完成に100年と100兆ドルかかるだろう。



■ それは支援ではない!アメリカは日本の戦闘機を監視しコントロールしたいんだ。バグを潜ませて戦闘機を操るだろう!



■ 三菱F-2のようにか。これは日本の賢明な判断だ。



■ 新しいゼロ戦だ。



■ ロッキードは何にでも指を突っ込むな。

■ 次世代戦闘機で最も経験を積んでるのがロッキードでもあるしね。だから彼らとパートナーを組むのは悪くない考え。

■ 日本が輸出の好機だと思った時、武器輸出をコントロールする良い方法にもなる。サブシステムや部品を作っておけば、ジェット機を買える国とそうでない国に対して発言権を持てる。




■ 正直、これに関してはイギリスがベストなパートナーのように思える。日本のニーズとイギリスのテンペスト計画の類似性は驚くべきものがあるし、今後のスケジュールも非常に似通っている。両者ともアメリカとの間で過去に苦い経験をしてもいるし。

■ ロッキードのみが実戦配備可能な第5世代戦闘機を有しているという事実があらゆるドクトリンの類似性を上回るだろう。

■ MHIには機体のステルス性について支援が必要。ステルス戦闘機を設計した経験のないBAEをなぜ選ぶ必要がある?




■ 既にあるロッキードの戦闘機では何がダメなのか?

■ おそらく大きな問題はない。でも日本が自国戦闘機の開発を経験したいというのは理解できる。

■ 大型でエンジン2基の制空戦闘機、F-15Jの代替だからね。

■ F-35で第4世代戦闘機の代わりにならないと?

■ F-35AはF-15Jより優れた制空能力をもっているけど、航空自衛隊はF-22のようなもっと優れた機体を望んでいるのだろう。

■ 違う。この新戦闘機はF-2を置き換えるもの。98機のF-15はスーパー迎撃機にアップグレードされる。



ソース123


本日の人気記事

【悲報】韓国人さん、見下してた日本に完全敗北してしまう=韓国の反応

韓国人「日本、“はやぶさ2”のカプセル内に小惑星Ryuguのサンプルが入ってたと発表」→「日本はまだあんなに遠くにいるんだね・・・」「羨ましい。韓国はいつになったらできるんだろうか。」

韓国人「重症患者は絶対に行ってはいけない」病床の代替で登場したコンテナ病院

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット